子どもの視力 勉強会 パート2

>

こんにちは。

発達支援ほほえみの安部知世です。

先日、子どもの視力 勉強会 パート1を開催しましたが、
子ども達の視力に関心の高い方が非常に多かったです。

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

今度は続きまして、さらに視力について、深いお話になってきます。

子どもは
なぜ?文字やものが二重に見えてしまうのか?
なぜ?文字やものがゆがんで見えるのか?
なぜ?マス目から文字がはみ出すの?
なぜ?キャッチボールができないの?
スマホ老眼って何?
近視・乱視・斜視を改善につながる遊びは何?

など
子ども達の眼に何が起きているのか?
どうしてそういう見え方をしているのか?
今、子ども達に増えている軸性近視も含めて
目のしくみなどを詳しくお話させて頂きます。
今回は36年、眼と脳のつながりを研究してこられた梅嵜社長自らお話して頂きます。

お家や支援でどうやって、気づくことが出来るのか?
ご家庭でも支援や学校でも簡単にできるビジョントレーニング遊び
もお伝えしていきます。

 

【講座内容】
・立体的に見る力(立体視:空間認識)
・斜視・斜位・不同視
・軸性近視と脳のつながり
・ビジョントレーニング遊び ①
・質疑応答

子どもの視力 勉強会 パート2
日時:第1回 2020年6月 2日(火)10:00~11:30
第2回 2020年6月13日(土)14:00~15:30

※第1回目と第2回目は同じ内容です。

場所:自宅(オンライン:zoom)
参加費:3,500円
定員:20名
対象者:子どもの目が気になる保護者、発達支援者、保育士、
幼稚園教諭、教師、子どもの目を守る事に興味がおありの方など

zoomの使い方がわからない時はお申し出ください。
事前にお伝え致します。

ファシリテーター:
視力アドバイザー 梅嵜 剛
医療保育専門士  安部 知世

子どもの視力 勉強会 パート2 へご参加希望の方はこちらの申込フォームからお申込み下さい。

子どもの視力勉強会申込フォーム

では、また皆様とお会い出来ますことを楽しみにしております。

発達支援ほほえみ
安部知世
HP:http://hohoemi-care.com/

By

ブログカテゴリー